夢占いと他の占いの違い|夢占いで、夢に隠された自分の運勢や心境を見つけよう!

本を持っている女性

夢占いと他の占いの違い

お願いをしている女性

夢占いとは、別名で「夢診断」と呼ばれることもありますが、夢の中に出てきた登場人物やシチュエーションから、夢を見た当事者の心理状況や今後に起こり得る出来事などを予知したりする診断です。占いという言葉だけのイメージですと、信じる人と信じない人がいたりと、人によってとらえかたがまちまちですが、夢というものは人間の満たされない願望や欲望を別の形で表現したものとして、精神医学や心理学によって科学的に認められたものですので、他の占いよりは信憑性が高い占いとして評価されている占いです。 夢の中に現れるメッセージを分析することによって、夢を見た人の深層心理にある本当の欲求や不満を本人が気づくより前に発見することができるところがメリットの一つであるといえるでしょう。

夢占いは、もともと迷信的なものとして扱われていましたが、オーストラリアの精神医学者であるジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングが精神医学や心理学の側面から科学的に分析を行い、迷信から科学へ変換することに成功しました。人間の睡眠には脳が活動している時のレム睡眠と脳が休んでいる時のノンレム睡眠に分かれますが、人間が誰しも持っている性的欲求を長期間抑制すると、この性的欲求は「個人的無意識」や「集合的無意識」と言われる無意識の空間に大きなストレスとして閉じ込められ、これがレム睡眠中に夢となって現れると解析しました。レム睡眠は若ければ若いほど長くなりますので、若いときのほうがよく夢をみやすく、夢占いも行いやすいといえます。